上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


失ってから気付く大切なもの。

僕の本棚にはいくつかの写真集がある。
そのいずれよりも多くページをめくったサイト、僕にとっては写真集のような「のび日記」が終了しちゃった。
寂しいね。やっぱり。
前言撤回しないか毎日チェックしてるけど、まだしてないみたい。てやんでー、である。
スポンサーサイト


巡り合わせというか宿命というか、今僕はそういうものに対峙している。
過去に、大きな悲しみの中にいる人が目の前にいたが、そんな人を僕は崖に突き落とした。
今、同じように目の前に大きな悲しみの中にいる人がいて、僕はその人を救える場所にいる。
偶然が生んだ、似通った2つの状況。人生の妙。

都合良く解釈すれば、禊するチャンスといえる。
もちろんチャンスをいかせたとしても、当時の過ちが消えるわけではないし、傷つけた人の傷が癒えるわけでもない。当たり前だ。
それでもここで禊できなければ、僕はこの先ずっと当時の十字架を背負って生き続けなければいけない気がする。




2010年のゴールデンウィークも終了。
特に遠出をしたわけではなかった。
日本舞踊を見に行き、友人と会って大切な人を紹介してもらい、大切な人と結婚するという連絡をもらい、海辺のレストランでパスタを食べた。
穏やかな天気、穏やかな日々。


久々に写真を焼いた。
街、海、市井の人々、それらを写真に残すことにほとんど興味を失っている。
大切な人や友人を写すことが写真活動のほぼ全て。
それでいいな、と思っている。


「コーノ式かなざわ珈琲」式でコーヒーを作って飲むようになって久しい。
それで十分に美味しいからわざわざ喫茶店に行くことはほとんど無い。
だから入るにしても味には期待しないで、雰囲気だけで選ぶことになる。
ここは有名な、鎌倉のミルクホール。コーヒーの味は忘れた。






ABOUT / LINK


-ARCHIVE-



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。